1995年開業Gerontology Real-estate&Development Inc.

この会社は私のカブヤオ(マカチィから40分)の土地・建物の所有会社である。1995年5月設立し現在に至り、Good standing 会社(優良会社、税金その他の支払の未払いのない)として認定を受けている。最も従業員なしの会社で、実際の運営はFil-Geron 会社(同1995年設立)が賄っている。現在従業員数は約30名。Gerontology Real-estate & Development Inc.は資本金は1億ペソ(2億2千万円)、Fil-Geron 会社の資本金は5百万ペソ(1100万円)で両社とも今年で24年を迎える。その他にマカチィのマンションその他を管理する会社(設立2004年)もあるが小さなものだ。

まあこの上記2つの会社を2021年までに処分したいと、今賃貸拡大に頑張っている。賃貸先は海外人材送り出しの企業であり、まだ120室ぐらい増築ができる敷地は残るものの、現状のビル内で約300名の生徒の寝泊まりが可能で、その他教室や先生方の宿泊施設(一軒家18戸)も完備しているし、TESDAの介護士養成コースの免許も持っている。こうした事でまだ分からないが、今年5月までに300名近くの生徒、15名の先生の部屋、15の教室が埋まる予定で、こうなると全体で利回り12%から15%が確保される。その他1日1000食の食事やその他サービスもあるので、運営Fil-Geron 会社の方もかなりのIRの指数になる。ここをベースにこれから都心不動産の値崩れから、賃貸事業に出たい企業の最初の収益事業としてやれば、面白いのでは無いだろうか? 私は今のBGCでの仕事でも収入があるし、今考えているJVA計画 未来学2100研究所を福井県若狭町に作るという夢もある。

100歳までの隠居仕事はまだまだある。😂

しかしフィリピンの土地の価格は24年前から一旦は上がったが、需要が無いから、結局24年前と変わらないか。高速道の価格が14倍上がれば、誰もマニラに通えないから郊外の土地は下がる。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000