BGCの不動産が可笑しい😂

フィリピンの不動産、私は卒業済みで買わないが、私が土地ころがしをやっていた1986年から1998年までは日本のバブル同様の1年で倍々ゲームだから、そんなことあまり気にしなかったが、そんな事とは、勿論フィリピンには譲渡税があるし、その他不動産の移転登記には固定資産税の未払いその他も払わなくてはならないし、不動産屋の5%~9%までの販売手数料もすべて売り主の負担となる。即ち1000万円で買った物件は、譲渡税その他で8~10%、や販売手数料や日本人が買った場合は、来なくてはならないので、その旅費や雑費を入れると合計で約20%が販売経費となる。昔は契約金額に譲渡税だったので、金額を低く抑えた契約書で誤魔化せたが、今は路線価なので誤魔化しようがない。

即ち開発業者から1000万円で買った物件は、12000万円で売らないと元は取れない。20%の上昇があって初めて元が取れる馬鹿な物件である。私は不動産は何時も法人名義で買う。そのほうが法人ごと売ることもできる。さてBGCやマカチィの開発業者が売っている金額が坪当たり83万円。東京以上?? そしてそれに20%を乗せると、なんと驚愕の坪単価110万円。東京でもかなり良いものが買える。

私に言わせれは、ここはフィリピンだよ。三等国だよ? 私が15年前に失敗したと買った物件は坪単価28万円。14年賃貸に回したので、償却済みで幾らで売れても、例えばタクシービジネスと同じで5年償却後を転売した金額が本来の儲けだが、38平米のマンションを360万円で購入し、賃貸で元を取り、300万円で叩き売る。これが感触なのだが、今やこの300万円でも、マニラのマンションの出来過ぎで難しい。なんとこの10年でマニラだけで、52万軒も作ったのだから。。。私のはマカチィでの事だが、15年前にはBGCは無かったのだから仕方ない。

最近、アヤラの物件を扱う不動産業者が口をそろえて、1000万で買ったマンション、1200万で買い手が見つかったと日本人向けだけにいう。これが可笑しい。フィリピンでも不動産の買います売りますサイトが沢山ある。そこで同じ物件を投げ売りで800万で売りますとあるのに、誰が1200万円で買うのか??😂 「英語」が解るやつなら、そっちを買う。そうかアヤラの「英語」の分からない日本人だけをターゲットに、損はしないぞと思わせる、損して得取れの販売戦略で、幻の買い手を作っているのか😂 まだまだ作っているマンションがアメリカ人、ヨーロッパ人には既に売れないので、もっと金を日本から引っ張るつもりか。日本人カワワ

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000