2日間に及ぶフィリピン最大のロータリー3830地区大会(DISCON)

15日金曜日、16日土曜日の2日間、ソフィテルホテルを借り切ってと言って過言では無い状態で、地区会員850名、関連を含め1000名のロータリアンが一同に集まったDISCON日本のロータリーでは地区大会という。

今回我らロータリーEクラブ・グローバルシチィーの鈴木会長を中心に、日本から来られた西田会員を含め、5名がこの大会に出席したが、1日目の夜にはマニラ在住のお二人の会員を含めて、別の中華料理店で西田さんの来比歓迎会を開いた。

すこしDISCON (地区大会)に関して説明するが、会員はなるべく出席をするべきだが、地区4000名の会員に対して850名の参加だから、出席率は悪くない。出席者は7000ペソ(16000円)のチケットを購入。それには初日1時から始まるプログラムの席上でのおやつ代、夕食代、翌日の朝食、10時のおやつ代、昼食代、3時のおやつ代、そしてガバナースボール(地区会長舞踏会の夕食代)が含まれる。地区大会では150ページに及ぶ式次第、ロータリー用語ではスーベニア・プログラムが配布される。勿論この中はクラブや会員のビジネス紹介の広告があり、それも大事な地区大会の予算となる。またホテルの空いている場所を使いバザーを開くが、この出店者(会員)も出店料を出すので、これも大会費用の一部となる。今回鈴木会長はご自分のビジネスのブースを出店していた。

地区大会には、他の地区のガバナー(今回は海外からは、まあ定番だが、韓国のガバナー一行11名が来られていた)またRI国際ロータリー会長代理(今回は中国人のガバナー代行が来られていた)など様々な地域、国の方々が壇上で挨拶やら、1億円以上の寄付で行われているプロジェクトのインド、ナイジェリアでの病院や学校建設に関しては、我々の地区の2つのクラブも参加していた。

ロータリーの1年は早い。ロータリー年初7月から9月まである、各クラブ会長交代式(インダクション)で、もし98のクラブ全部を回るなら、毎週5回のパーチィーがある。全部出ることは不可能に近い。しかし地区ガバナーはそれを熟す必要がある。そして10月から12月にかけてガバナー訪問があり、ガバナーの訪問時にはクラブ会員が集まり、式典を行う。その上12月は各クラブでのクリスマスパーチィーがある。そしてこの3月の地区大会、5月にある、プレシデンシャル・アワード(クラブ会長表彰式)クラブ会長の奉仕活動を5段階とその下に分類して表彰式を行う。うちのクラブは3つ星(3段階目)を維持しているが、12に分けられたクラブの義務に対して、どれだけお金と時間を使ったかの評価なので大変である。そして6月末にハンドオーバー(地区会長、クラブ会長交代式)があり、その年度が終わる。何しろ、その度毎に、このような大きなパーチィーが開かれる。(@_@;)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000