マニラ68歳男の生涯学習・フィボナッチ数列

人間歳を追う毎に、先を考え学習意欲を失う。しかし人生50年から100年の時代。学習は必要である。ましてや人類史上かつて無い進化をしている現在。追い越されるのではなく追い越すように学習が必要である。私は文系であったので、哲学的思考などは、まだ解るし、英語も人と会話したり、英文の文章には違和感は無い。しかし、理数系には弱い。そこで今、中学・高校の数学から数学・物理をもう一度勉強を始めている。

そんな中、フィボナッチ数列という言葉に出会った。フィボナッチ数(フィボナッチすう、英: Fibonacci number)は、イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチ(ピサのレオナルド)にちなんで名付けられた数である。世の中面白い。松ぼっくりのらせん数、サボテンのらせん数、花びらの数、海底にある貝の成長線、台風、惑星の渦の自然現象に法則があるとは。その法則で作った長方形を黄金の長方形と呼ぶとは。ピラミッドやその他もそうだが、昔の人の洞察力には頭が下がる。今のゲーム時代の子供にこの洞察力が生まれるのか?

まあマニラ68歳男の生涯学習は続く。。。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000