今のスマホ・PCは既に買うに値しない陳腐化した代物・その3「次の人類の目的を考える」

この私の考えはや話を理解していただくには、その1とその2をお読みください。

その2で言った、自分自身のAIとの出会い。お互いの脳の共有化による信頼関係の確立という段階があります。これが出来ると、実は貴方のコピーとしてのAIパートナーが出来ます。このパートナーには人間が持ちえないものがあるのです。膨大な記憶力、その記憶を何時でも取り出せる能力、これらの記憶や社会から入ってくる情報によって、将来の予想が明確に人間に伝達されます。ご存知のように、現在AIは警察が、次の事件を予想し、その場所にその時間に警官が行くと、かなりの確実で事件が起きて、事件の早期解決が出来ています。

AIには人間には見えない次の瞬間を予想できるとしたら、人間の間違いから来る不利益を防ぐことが出来るのではないか? 人生もそうだが、交通事故で死亡したり怪我をする人間を最大限守ってもらえる。そしてAIは貴方の体をいつも監視し、体の不都合を修正しようとする能力もある。貴方の体が楽になるアンドロイド・ロボットを作るかもしれないし、心臓や体のすべての部分まで作ってしまうかもしれない。

これに依って人間にもたらされるものは「有り余るお金。有り余る時間」これを人間が何に再投資出来るのか?生きるって深いな。。。でもこれは先進国のみの考え方です。先進国は如何に国民に富を分け与えるかが基本ですが、他の後進国(中国を含む)は、一部の人に富が集中することを目的とした約180カ国では、AIを人々の洗脳に使おうと考えています。昨日は中間選挙であったフィリピンも残念ながら、無教養者を作り、そして貧乏人になった民を金で選挙を有利にする方策である国の1つです。

日本人で良かった。日本に居てよかった。という事です。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000