私事で悪いが14年目の春が来た。うちの第二ビルも第一ビル同様に動き出すか😓

私事で悪いが14年目の春が来た。うちの第二ビルも第一ビル同様に動き出すか😓 写真上が第二ビル、写真下が第一ビルでうちの会社が所有するビルだが、第一ビルは1995年から建て始め約6,0000平米(1,900坪)の床面積と10,000平米(3,000坪)の敷地面積を持つ。そして2004年に建て始めた第二ビルは敷地面積12,000平米(3,600坪)で2005年に建設をストップしたので、現在は3,000平米(900坪)の床面積を持った建物だが、増築すればあと6,000平米床面積が可能で、合わせれば9,000平米(2,800坪)床面積の建物になる。しかしこの建物は2005年から14年間、少ししか使わずに雨ざらしに成っていた。しかし今内部改装や修復作業を始めて、来月末には新たな利用者との契約が結ばれると思う。我が家に春が来た。

このビルは1996年から元々日本人向け海外老人ホームとして建て始め、2005年には120名近いお客様に使われてきた。それはフィリピンの安さもあり、お一人月12万円で部屋の管理費電気水道、食事、24時間体制での医師や看護婦が在中し、その他に1日3交代の介護人付きという破格値でやっていたし、一時は自前の救急車も持っていた。第二ビルはまだ利用者が増えると予想し着工したが、2005年、フィリピンの人件費を除く物価の上昇、日本の年金の縮小、フィリピン医療費の高騰などの理由から、介護保険の有る日本での介護の方が安全と決意し、募集活動を停止した。それから10年間自然減を待ち、10名未満の利用者を待って、宿泊付き海外送り出し研修センターとして2016年にスタートし第一ビルではそれ用に改修が終わり、240名学生が宿泊出来、先生も14名宿泊可能で、14の教室も保有し、食堂も稼働するビルに生まれ変わり、多分此の年末には、ほぼ満室になる。第二ビルも同じく話が進んでいるので急遽改修工事を進めている。現状の状態では学生100名の宿泊と5教室、食堂、図書館等を整備する。年末には240名+100名の340名体制となり、将来の増築分には約400名収容可能なので、740名体制になるし、まだ必要なら、このビレッジ内にあと12,000平米の敷地がある。このビレッジ前にはマニラ行きのバスターミナルがあり、生徒は簡単にマカチィその他のマニラに行ける。

うちの良いところは、利用者が望めば、うちが建設し、利用者には賃貸でお願いするのいう方式で、賃貸はラグーナと言うこともあり平米3~400ペソ以内である。

しかし2005年から2016年までは辛かった。期待していたマニラでの飲食業もやはり物価高、競争相手の異常な増加で2011年には全てを売却していたので、経費増と収入の落ち込みで約10年辛抱のときでも有った。😂

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000