マニラ・ビジネスの片手業(かたてわざ)

片手業(かたてわざ)とは1 片手でするわざ。2 片手間にする仕事。片手間仕事。と言われるが、マニラで、いやフィリピンでは仕事をすまいと思っている今日このごろだが、その理由は前にもよく言っている事だが、最近のマニラには儲かるものも無くなり、その上34年前のフィリピン人と比べて、私の言う今の第3世代フィリピン人は、英語で考えられない、箸にも棒にもかからない人間。これを使って仕事など危なくて出来ない。一昨日日本から帰ってくれば、アメリカ人パイロットが「すみません(フィリピンだから)」と謝る現状。ウイングの飛行機搭乗のための移動接続装置の故障で20分飛行機から降りられない始末。整備不良と事前点検が出来ないフィリピン。マンションで水漏れしても1ヶ月経つが4人も来てまだ直せない現実。まったく箸にも棒にもかからない人間が34年で出来てしまった。

ここでは既にフィリピン人を使う片手業(かたてわざ)は既に不可能である。片手技であっても全て日本人がやるしかない。しかし日本人がそれなりに生活するには、物価の高いフィリピンでは東京並みの費用がかかる。ではその日本人が出来きて利益を生む仕事とは何か?それを探してやるのが、マニラの片手業(かたてわざ)である。

私の本業は不動産賃貸である。今やっている片手技は「法律事務所のパートナー」法律事務所にとって、売上原価とは何か?紙代。故に粗利率は99%である。この99%から家賃や人件費その他を支払って、残ったものが儲けとなる。私は何故に12年前に片手業であった飲食業を辞めたのかは、食材高で粗利率70%が60%に落ちて、更に家賃が売上の10%から20%に上がり、本来なら手元に残る儲けの20%が出なくなったからだ。今でもやっている馬鹿な飲食店は、この事から金額を上げたので、客足が減り負のスパイラルに落ち込んでいる。効率の悪いフィリピンでは、粗利益率は最低70%以上でないと危険水域であるることは真実なので、70%以上の粗利益を出せる商売以外手を出すのは、片手業すなわちお小遣い稼ぎでは危険で、お小遣いを使い果たす結果となる。今この片手業を2つスタートする予定で出資し始めた。さあどうなることやら楽しみだ。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000