今週はマニラ男の手料理・今週はお休み・毎日パーティー12月だね。その上奉仕活動

12月は毎夜毎夜のパーチィー。その上華やかなパーチィーとは裏腹な貧民街での奉仕活動。どちらにも表と裏がある。即ち お金を持つ者、持たない者にも本音と裏がある。

よって今週は手料理は出来なかった。写真は10年前にロータリークラブで会長を務めた人が集まったパーチィー。10年の月日は長く、男も女も歳をとる。亡くなった方も4名いる。亡くなった人と親しくしていた女性も、次の親しい人が必要となる。男も同じ。

HOPEフィリピンではビニャンのラグーナ湖埋め立て地域に大きな孤児園を運営するが、その孤児たちに日本のNPO法人からの靴のプレゼントを我々のクラブが仲介して行った。しかしここにも大きなアツレキが存在する。周りは何処にでもある貧民街だが、貧民街の子供たちと孤児園内の子供たちの隔たりが大きく、妬み、やっかみからであろう、孤児園は高い塀で覆われている。彼らが建設中の第二地域があるが、我々を案内してもらったが、途中道が塞がれ行けなかった。広大な埋め立て地は政治の資金源。貧困は政治の票田。人々を豊かにしようとすることは、政治をコントロールする人には、邪魔な存在。

アフガニスタンの中村哲医師の銃撃と同じで、誰かが豊かになると、それを封じる力が働く世界の180か国の憂鬱。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000