タール火山爆発後の4万5千人の避難民に対するフィリピン政府の対応は・・

フィリピン地震火山研究所(PHIVOLCS)は,16日午前6時20分前後に,タール火山が火口から2回,火山灰を噴出したと発表しました。また,15日の午後5時から16日の午前5時まで,103回の激しい火山性地震も確認されたことから,さらなる火山活動につながる可能性があると発表しました。噴火警戒レベル4(危険な爆発的噴火が差し迫った状態)が維持されています。フィリピン内務省は,16日,火口から半径14km以内の地域から強制退避を改めて命じました。(日本大使館)

現在ロータリーにも支援要請や実際支援に動き出したクラブもある。しかし問題は台風と違い長期化である。今回の爆発は火口下の水たまりをマントルが過熱した、水蒸気爆発でこれからマントルの本格爆発が考えられる。この地区の主な産業は観光業に伴う飲食業やお土産、そして野菜農家であるが、野菜畑は酸性の火山灰で再開には土壌改善が必要で、これには下手をすれば2~3年の時間が必要である。今までは乾季なので雨が降らないが、雨が降ったら火山灰の濁流がまた襲う。ホテル、ゴルフ場、遊園地やその他、娯楽施設やここ10年で異常に増えた飲食業も全て強制退去地域で、勿論開業は出来ないので、収入もない。しかし、殆どが借入で行って営業をしているので、その返済はどうなるのか? フィリピンの銀行は銀行が潰れても国は最高50万ペソ(100万円)しか保証されないで、国のそうした特別災害法は考えられない。ロータリーと言っても今日の1食は提供できても、1年間の食糧支援は出来ない。マニラ近郊でもそうだが、マニラだったらどうなるのか?日本大使館が異例の在留者確認を昨日から始めた。マニラで何かがあった場合、フィリピン政府には期待せず、自衛隊に頼るしかないのか(笑)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000