フィリピンを愛して来た人が、フィリピンを見限る時。

私もフィリピンを愛して来たが、フィリピンを見限る時が来ている。それは2回前の投稿でも触れたが、私の住んでいる都会、マニラでの医療費や物価が上がり、しかし20年間給与が上がらない98%の庶民。故に保険制度が成り立たない。ソニー生命も日本生命もマニラに支店を作り、人口リッチだから儲かるだろうと頑張ったが、10年前にすべてが消えた。100歳までの病院保険の販売を始め、自分も入ろうと思ったが、先週今までの様なすべての疾患に対応は出来ないので、交通事故とインフルエンザその他のウイルス性疾患しか対応できないとの通知。アメリカ系の保険会社だが、始めていたが、保険加入者が少なくカバーが出来なくなったのだろう。これは都会での心配で、田舎は医療機関も無いから、ただ死ぬだけ(笑)。この田舎で、慰霊墓参で来られてフィリピンを愛した人が、在住8年で、以下のメールを送ってきた。近々マニラで送別会を開く予定であるのだが、しかしこの問題、教育の問題?モラルの問題?人間の問題?はフィリピンに蔓延している。(以下メール一部)

「都会は自分知りませんが子供の教育が親も学校も国家もお粗末過ぎます・・貧し過ぎる漁村‼️自分は娘二人授かり育てましたからコノ漁村の小娘が股間開き見せ小金をせびる?・・昨年秋小学六年が子を妊む・・中一の娘が父親の子を妊むコノ漁村に殆々嫌気か胸に突き刺さり我は敗走を決めました‼️」

いやこの問題は田舎だけではなくマニラでも多くある。私はロータリーの奉仕という陰に隠れて「ものを寄付する」というお茶を濁したところで、こうした現象を見ているが、現実にその中に居たら。。。私も35年前、フィリピンは教育レベルでアジアで1番の国で英語が理解できるので、20年後はアジア最大の国になると考えていたが、自分の懐しか考えない政治、行政、民間会社によって、今やアジアで最低のレベル。私はフィリピンを愛し、35年も生活させて頂いたが、友達も何人か殺され、私も歳をとり、やはりフィリピンを見限る時が来たのかもしれない。😢

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000