フィリピンの新車販売はアジアで劣等生。ホンダが来月4輪車工場を閉鎖。

ホンダは2月22日、2020年3月にフィリピンでの四輪車生産から撤退すると発表した。ホンダは、四輪車事業の収益力を強化するため、生産能力の削減を進める方針で、英国工場とトルコ工場を2021年に閉鎖することも決めている。

やっぱりね。TPPに依って、新車販売が少ないフィリピン。過去20年間で他のアジア国は新車販売が500%前後の伸びがあるに対し、フィリピンは30%前後で、昨年からの新車販売数が下降傾向にある。現在フィリピンで生産を続けるのは、業界1位のトヨタ、しかしそれでも生産台数は5万台以下、細々と生産を続けるいすゞ、そして2008年に撤退したフォードの工場跡地を利用して、これも細々生産している三菱、日産は2006年に撤退、台湾日産が受け継いだが、今は完全に工場は廃屋と成っている。

すでにフィリピンで生産する意味は無いと言ってよい。サプライチェーンである下請けも、2005年までに殆ど撤退している。その中でも際立って増産しているのは、フィリピン矢崎トレスの得意分野はワイヤーハーネス(自動車用組電線)やメーター等を中心に製造している。全世界に44工場を持つが、中国には持っていない。故に韓国ヒュンダイやキアはワイヤーハーネスのメインの供給先が中国、武漢に集中していたので、現在生産ラインが止まっているが、日本車は止まっていないのは、矢崎総業や住友電気工業等の中国を除くグローバル化が寄与していると考えられる。またフィリピン矢崎トレスは敷地内に病院を作り、社員の健康管理その他に寄与している。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000