軟禁生活1ヶ月。呑んだ呑んだ。

ここに並ぶのは空いた酒の箱。今はまた買い足している。BGCは外国人が多いので、フィリピン他の地域はリッカーバン(酒販売禁止令)だがここは自由に買える、しかし焼酎や日本酒などはストックが少なく、輸入もとどこっているので、既に売り切れ状態。洋酒しかない。

でも呑まなければどうしようもならない。軟禁生活1ヶ月。しかし朝から呑むのは辞めて、少なくとも午後4時を超えてから呑むようにしている。

処でこのハンバーグは人生で一番良く出来た。今までは端折ったりして、今一だったが時間をもてあそんでいるので、真剣に作ったのでうまく出来た。しかし軟禁生活、あと2つ調味料が足りなかったが、今までの最高傑作。(笑)

前からフィリピンのマンションなんか買うもんじゃないと言って、10年前まで投資で買っていたマンションを昨年1個を残して全部売ったが、昔のマンション、私の買い方もあるが今の価格の3分の1以下の仕入れ価格だし、10年賃貸で償却済みだから簡単に売れた、賃貸価格も昔の方が、今の出来過ぎた状態より高く貸せたから、私自身は問題が無いが今買った人は大変だ。品質も今のクオリチィーは最悪、鉄筋も少なく設計図は中国コピーで中国製品のみ使用している。35年前に買ったマンションは、ヨーロッパ製が多く使われていたし、鉄筋も厚く凄かった。電気のコンセントも220Vと110Vの両方が使えるように成っていたし、まあ当時は毎日8時間マカチィでも停電していたので、マンションの自家発電機を回せば、全て部屋の中までの電気が使えたが、今なんか停電したらエレベーターしか使えないし、安マンションはエレベーターですら使えない。

今借りているマンション、そうで無くても部屋が埋まっていないのに、まして外国人がもぬけの空になって、通路やエレベーターで人に会う事はまったく無く成ったが、今問題なのは、空に成った他の部屋からのゴキブリの総攻撃に合っている。ご存知のようにファイリピンのマンションのドアは密閉されていない。ドアの下や横の隅に隙間がある。前々からドア下の大きな隙間にはテープを張っているが、今回更にテープで補強、各下水口にふたをしている。(写真上)フィリピンで一番最高の場所に居て、取りあえずフィリピン一番のデベロッパーの建てたマンションにいて、ウイルスでは無くゴキブリとの闘い(笑)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000