いつか絶対に統一しないといけない通信手段。誰が勝者に!

今は前の様に、普通の電話(国際電話)をかけてくる人は、まずいなく成った。偶にはいるが。(笑) 又 電話回線のテキストをしてくる人もいなくなった。それから昔の主流であるメールを送ってくる人も、わずかになりメールは迷惑メールや広告メールが主流になって、私なんかは迷惑メールや広告メールだけで1日100通はある。故に見たくは無いが、この100分の1のメールの為に温存しているに過ぎない。私の主流は、FACEBOOK MESSENGERだが、日本人の多くはLINEを使うので、LINE。フィリピン人はVIBERをよく使うのでVIBER、その他ハングアウト、LINKED、SKYPE、TWITTER、SLACK等々と相手に合わせて使っているが、実にめんどくさい。

私は相手を認識できない電話には出ない。初めての人に電話する場合は、最初テキストを送り、了解後に話すのが当たり前だと思うが、出来ない人もいる。メールは完全に相手を認識が出来るし、LINE、VIBERも本名を使わない人が多いいが、日本は電話そのものが登録制だから最終的には解るのだろうが、フィリピンその他は99%プリペイドの使い捨てだから、完全に誰かに成済まされる。FACEBOOKの場合、成済ましが少ないと思っているが、それでも、この人のは偽名と思える人、顔出しをしてない人は多いいし、MESSENGERはFACEBOOKに登録が無くても使えるので、更に安心できない部分もある。LINKEDはFACEBOOKより権威があるような、そんな切り口だが、しかし、かなり怪しげな人間が多く、投資話などを持ちかけてくる。が故に何を持ってして安心で皆が使う通信手段があるのか?まだまだ発展途上だから、誰かが画期的なアイデアを出すのかもしれない。いや私も、この問題点を考えている。誰でも安心できる通話、AIに任せるしかないか(笑)

しかしこれは、いつか絶対に統一しないといけない通信手段。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000