久々に2ヶ月に一回合っている仲間とビデオ会合。

ロータリー同じ年に会長に成った同士は、なんだらかんだら、2か月に1回くらい飲み会を開いている。しかしこの隔離政策では集まれない。そこでこのZOOM活用で飲み会。みんな好きなお酒を飲んでいる。このグループは私が2回目の会長を遣った10年前のメンバー。その他の会長を遣った年の同窓会があるから、普段でも延べ300名の会長との付き合い、結構集まりがある。

皆この隔離でビジネスは大損害。そんな嫌な話で盛り上がった。私だって、売り上げが80%減少し、経費は同じなのだから、この2か月は大赤字、それが何時まで続くのか、またその後、元に戻るのか、私は余り不安を感じる方ではないので良いが、というより今までにもっと大きな不安を抱えって来た人生。今は1日2回爆睡している。

まあロータリーも大きな会社の役員や政治家などもいるが、殆どが自営業者の塊りなので、皆の顔は暗いが、まあ前にも言ったが、大きな借入や大きな売・買掛が多く無ければ生き延びられる。

でも皆が言っていたが、このZOOM会合も良いねと。という事は、今まで使っていたレストランやホテルの需要が減る事は間違い無い。苦しさは、誰かの苦しさを増やす。😢 負のチェーン。私の予想では、5月末までのロックダウン、その上フィリピン政府が言う、馬鹿なロックダウン解除後の指針ではフィリピンにある、賃貸しているレストランや物販業の40%は倒産や店じまいを余儀なくされる。その連鎖で家賃は2010年のレベル、平米500ペソ前後まで落ちざるを得ないと考えている。パートナー弁護士事務所の望んでいたBGCに路面店が出せる日は近い。弁護士事務所とはいえ、裏は日本で言う普通の弁護士やその上日本では区別されている行政書士の仕事が出来る、表の商売は、弁護士でも出来る公証人役場。公証人役場の受付の前に小さなカフェ(日本のプロント風)で安い朝食(100ペソ以下でコヒー付き)、昼食(180ペソで飲み物付き)、そして夜はバーと軽食にしても良いかと思っている。スターバックスは高すぎる。金が無くなったフィリピン・ホワイトカラーに受けるし、集客要因にもなる(苦笑)今までは飲食はぜっやいにマニラで遣るなと言ってた私だが、それは平米1200ペソの家賃では遣るななのだが、500ペソなら問題ない。この安いメニューでも問題ない。物事、待てば日和。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000