緊急アドバイス・マニラの日本人絶対に暗く成ったら外出禁止。

この考えのない政府発表に依り、ソーシャルディスタンス。刑務所の混雑はご存知の通リだが、拘留中の人物を今、仮釈放させている。勿論それだけでは無いが、流石に明日の金を持たない庶民もすでに限界を超えている。

今、一番狙われているのは、狙う方も頭が良いが、グラブフードやパンダフード、食事を配達した後は必ず現金を持っている。これを狙った事件が多発している。依って昔の1991年の中東戦争で一気に景気が落ち込んだ時のタクシー強盗と同じ、当時はそれを恐れて誰もタクシードライバーの成り手がいなかった。今やグラブフードやパンダフードの成り手が無く成るのではないか心配される。

しかし、次に狙われるのは外国人。日本人は格好の獲物。特にマニラ、エルミタやパサイ、タウイタウイ、アンチィポロ、周辺ではイムスやカランバ等は特に普段でも事件率が高いがが、これは付近に最貧困層の集落があり、その街が良好な餌場である事に起因する。しかしこの現状。日本と違い10万円は絶対にフィリピン政府は払えない。12兆円はフィリピン国家予算の4倍である。マカチィからマニラに抜けるカラヤーン通リは混雑で止まっている車に対してホールドアップのメッカ、最大月100件が報告されるが、今は隔離政策の警察のチェックポイントが設置されているので、むしろ安全かも知れない。私が何故、エルミタ・マラテに行きたくないかは、こうした裏道が使えない。混雑が解っているがエドサ通りとロハス通リしか安全が無い。しかしそのロハス通リでも3年前に日本人が殺されている。

私の親友日本人もカランバで銃撃で死んでいる。他の友人日本人もパラニャーケで撃たれて死亡している

今は日本人は絶対に裏道、路地は使ってはならない。これは武漢肺炎以上に怖い。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000