隔離マニラ男の手料理・好きなものを食べて。。。

貧乏とは何か?贅沢をする訳では無いが、これが食べたいな。という時に、お金の事を考えて、必要なものも買えず、食べたいものも食べられない。これが貧乏だ。私も貧乏に成ったものだ。昔は自分でレストランを持ち、結構レベルの高い板前がいて、食べたいものを作ってくれた。まあ仕方ない今は、そうしたコストを落として、自分でやるしかないが、私の利点は、フィリピンの大家族に悩まされない事で、フィリピン大家族料理、お皿1枚にご飯や大皿料理をとる形に成らず、自分の楽しめるものをちょっと作れば良い。私のメインのビジネスも5月までの決算を出したが、売上げが65%以上減少しているので、しかしそれで、自分の個人的な資金の注入をしなくてよい喫水線なので、自分の収入を無くせば、30名の給与や40万円近い電気水道光熱費やその他仕入れ代、売り上げが減ってるので仕入れも少なく40万円位だが、それが、私が収入を取らねば払えるので、まあそれは仕方ない。経営者の宿命。まあ計画していた改築工事は一時ストップしたままであるが、家賃を払わない自社ビルだから、呑気な事が言える。家賃が入らないだけだ。(笑) しかし、節約、節約、手持ち資金を減らさない。

さて料理だが今回は鮭のハラミを大量に安く買えた。大部分はそのまま焼いて食べたのだが、岩塩と黒コショウに浸けて、水洗いしてから3日乾燥した、ハラミの燻製や、あぶりハラミで握り寿司も作ってみた。今後握り寿司に挑戦したお蔭で様々なバリーエーションが出来そうだ。まだ全然素人なのだが。。後は簡単な レンコン・ゴボウ炒めやピーマン・ナス炒め、竹輪とナスの味噌マヨーネーズ炒め、これは思ったより美味しかった。これは定番にしよう。何しろお酒中心メニュー。最近は手抜きで、こうした惣菜を少しづつ弁当箱に詰めて、自分のお昼も一緒に作っている。(ケチ)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000