待望の我々のCoffee Table book 遂にランチング。

4年前に私としては3回目のロータリークラブ会長を遣ったが、その102名のクラブ会長が集まり、Coffee Table bookを作ろうとなり、スタジオを借りて、プロのカメラマンに写真を撮らせたり、有名なライターに紹介文を書かせたり等を2年半前にスタートしたが、それぞれのスケジュールが合わずにランチングの時期がずれ込んでいたが、武漢肺炎のこの状態ではシャングリラ・ホテルで豪華にランチング・パーチィーも出来ないと成り、今朝この本が届いたが、今日夕方に、ZOOMで会合を行う事に成った。

Coffee Table book とは厚い本の事で、欧米では事務所や自宅に行くとソファーテーブルなどに厚い本が並んでいて、その人の趣味や社会的な状況などを、コーヒーなどを飲みながら、目に入る本という事で、訪問者の話のきっかけを作る本で、日本には無い習慣だが欧米では結構重要な装飾品の一部と成る。

我々の作った一冊1万円の本は、重さが5kgあり、開き1面を使った一人一人の紹介なので、大きい重い本。写真は私は何も無いのでこんな写真ですが、女性はイブニングドレスだったリ、ギターを持っての写真だったリ、男性はゴルフをモチーフにしている人、けん銃の趣味の人は撃つふりをしていたり、様々な写真が250ページに続く。。。思い出には成るが、卒業アルバムにしては、ちょっと重すぎる(笑)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000