隔離・マニラの男の手料理・気が乗らない。

隔離3カ月であまり気が乗らない。

鮭の甘酢あんかけマリネ、始めて作ったが、これは最高に旨かった。癖に成りそうだ。次はガーリック尽くしのガンバス アル アヒージョをベースに、今回はホタテも入れてみた。周りはフレンチドレッシングにニンニクをたっぷり入れてのサラダ、そしてフランスパンにフォアグラ。これもワインにはとっても合った。そして同じ小エビが有ったので、エビチリを作ってみた。これはご飯に最高。これも初めて作ったが行ける。そして何時も作る白菜の漬物。塩昆布も買って来たので料理屋並みに出来るように成った。肉うどんやフレンチトースト、そしてそぼろ丼、牛丼、すき焼き丼、本来生卵を乗せたいが、ちょっと危ないかと思いマヨ混ぜサラダにした。そして、フィリピンの果物ポメロ(ミンダナオではシーハ)をお菓子風に置いてみた。

隔離・マニラの男の手料理・気が乗らない料理である。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000