マニラで農業への試み(1998)

うちの入居者の方が中心と成って、まだ第二号棟を建ててなかった敷地1.3ヘクタールを利用して農業への試みを始めた。中古の耕運機やコベルコの一番小さなユンボウ、トラックを購入して、始めた。

マニラには40年の歴史があるカネコ種苗株式会社のマニラ支店があり、そこから日本のF1の種が買えたので、それを使って栽培し始めた。(写真はカネコ種苗株式会社が扱う種の種類100ページ以上のカタログ)勿論、カネコ種苗さんからも多くのアドバイスを頂き、土壌調査その他も行った。酸性土壌かと思っていたが、アルカリ土壌で有ったとか、様々な検討の末ではあったが、まあ様々な難関があったが、収穫をするようになった。

しかし、うちの入居者の方々の高齢化に依って、後を継ぐ者も無く成り、自然消滅した。

でもこれ何故日本人がもっと多く遣らないのか不思議である。遣っている人も要るが、これラーメン屋なんか遣るより、ずーといいと思うんだが。。。韓国人はすでにクラークの近くで、ビニールハウスも投資して、結構やっている。

農地なんて安いもんだ。買わなくても良いが買っても10アールで10万円以下だし、農地の中に農作業小屋の建築も出来るから、そこに住めばよい。ケソンやスービックに行けば中古の耕運機やユンボウなんて沢山売っている。クボタのマニラ支社もある。副社長は友人だから紹介する。すみません。僕都会っ子なので、土いじりはダメなので、遣ろうと言う人は交渉その他はやってあげるよ。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000