イオンが短期で赤字転落。フィリピンSMも大丈夫か。

BDO銀行もフィリピンでは大きいと言われるが、総資産は日本の上位地銀(地方銀行)レベル。今日本ではその地銀の50%は倒産寸前と言われている。その理由は逆ザヤ金利で儲からない、そこで高利回りの海外債券購入で息を付いているが、しかし、この海外債券がなぜ高金利なのかは、当たり前の話で、元本の保証が無いリスクが高いジャンク債を大量購入。銀行と言う預金者にお金を保証しなければならない銀行が、その預金で保証が無いジャンク債買ってどうするの?と言うお粗末。 イオン・グループにあるイオン銀行はこの地銀レベルで3.4兆円預金規模、イオンの買い物客に来る人に割引カードを出して、住宅ローンを組ませる方式等で、息を継いでいる。本業のスーパーも赤字体質で全体の足を引っ張っている。ダイエーの倒産と一緒。イオン・モールも家賃が高くて出店者が逃げている。マニラの私もそうだが、あんな大きなモールには絶対に行かない。駐車場から歩く距離を考えたら、買い物して大きな荷物も持って車まで戻れない。だから、駐車場の横にあるスーパーしか行かない。だから、フィリピンならジプニーで来る奴しか来ない。だから売り上げは上がらない。多分日本でもそうであろう。私が日本に居たら、アシスト・チャリンコで店の前で買える商店街に行くね。

話が逸れたが、フィリピンBDO銀行は日本とは違い、1%前後で預かった金を10%前後で貸すのだから、それは本業で儲かる。しかし貸し先が、今度の武漢肺炎で委縮して、多くが返済不能に陥っている。SMに入っている大型テナントにも貸している。ではグループのSMDCの不動産業は売れるのか?開発したマンションが売れるのか? ではモールビジネスのSMのテナントが中国のモール同様に逃げ出さないのか?(馬鹿な中国、今までは露天商禁止が、今仕方なく露天商を黙認している。モールから無料の道路へ(笑))もし50%のテナントが逃げて、慌てて家賃を50%下げられるのか? 日本と同様に駐車場から歩く距離が長い場所に金持ちが行くのか?その上3密がダメな武漢肺炎で、そんな事お構いなしの奴が涼みに大勢来てる処に行くのか?

私の頭の中では、5年前からモールと言う存在価値は無い。1996年代にもマニラで流行ったモール。しかし2000年代にはそのモールは潰れている。それを規模を大きくすれば客は来ると思って作っているが、大きくすればそれだけコストがかかる。2005年までマニラに駐車場代という言葉は存在しなかった。それば今はどこ行っても駐車場代。それも日に日に高く成っている。テナント料も高い。その上10%の売り上げピンハネもする。そして更に、最低造作の資金設定までする。モールでは店は存続できない。

皆さんはご存知無いかも知れないが、マニラで一番古くて残っているモールは、ハリソン・プラザ、グリーンヒル・ショッピングセンター、マカティスクエアだが、あマンダルーヨンにもあるな、しかし全部お判りの様に、どういう結末に成るか解っていると思います。屋根付き露天商の寄せ集め。

モールもそうだが、スーパーも今日本でも儲かっているスーパーは少なく成ってきている。名前忘れたが頑張っているスーパーがあるが、そこで純利益率が売上げの3%、他は殆ど0.何パーセント台の利益で、明日をも知れない状態である。人口が増えても皆が貧乏なフィリピンでも成り立たない。しかし、金を持っているが、人口減少している日本の方が、少しは、まだチャンスはあるかもしれない。イオンは家業で有り200年以上の歴史があるが、例の民主党代表、岡田 克也氏のお兄さんが社長であるが、今年1月に社長を降りて会長と成っている、社長交代劇、大株主は、問題の農林中金。リスクが高いジャンク債が弾けると皆沈む。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000