店を開けても客が戻らない。12月には閉店ラッシュ。

ボーナスの削減、まだ残る武漢肺炎への恐怖、テレワーク。。。要因が多すぎる。

今どの店も瀕死の重体。出血(赤字)が止まらない。輸血(借金)で命を繋いでいる。では客は何時前の様に戻るのか? 職を失った人、ボーナスの削減、まだ残る武漢肺炎への恐怖、テレワーク。。。要因が多すぎる。若い奴は一気に通常に浮かれたが、一気に若者に感染拡大して、一気に沈む。 前のブログで話したが、大企業が本社への出勤率を25%まで削減したいと考え、実行に移していく。東京やその他の都市の中心で、そうした客を狙って網を張る店舗。しかし下手すると、都市部では3年以内に30%のお客の消滅、5年以内に50%のお客の消滅が起きるかもしれない。何しろ会社に来ないのだから。。。私の予想では15年は掛かる事がこのコロナで早まったと言える。即ち 店側も、元々オーバーショップだったのだから、3年以内に30%はオーバーショップの上乗せで無く成る事も視野に入って来た。オフィスの利用が減り、店舗の利用が減れば、当然不動産も価値を落とす。

しかし私は言いたい、何とか今年の末までは、何とか来年のオリンピックまでは。。と出血(借金)を放置する事は、辞めた方が良いと思っている。ハッキリ言いたいのは今の赤字は3年後も赤字である。今出血を止めるべきである。馬鹿な報道が デパートの売り上げ減少が20%減まで解消したと言っているが、数字の誤魔化しで何を基準にしているのか、瀬戸際に立っているデパート、スーパーは必至で言わないとイケないが、デパートはその前の2か月は売り上げ0で年間で考えたらどれだけの落ち込みなのか? しかし20%の落ち込みは何時まで続くのか? 年間では45%の売り上げ減である。 中国では去年8月末に山東省青島市の大型百貨店、陽光百貨と全国展開の百貨大手である百盛集団の重慶市万象台店、さらには大連で有名な久光百貨が相次いで閉店し、深刻な業績不振が閉店の原因であると分析されている。大きな借金を抱えるデパートやスーパーは売り上げだけで生きているが、その売り上げがこうでは、どうしようもない。その事はこの中国の例でも、日本のそごうやダイエイが潰れた例でも同じだし、ヨーカ堂も閉店ラッシュで有る。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000