昨日BGCのレストランでのスモーク殺菌を投降したが、その反応から世の中を考える。

昨日の日本人の反応は「これじゃ食事はどうなるの?食べられない。」という反応が100%で、だれも「考えてみる」「遣ってみる」という返信は無かった。私はこれは素晴らしい、だからこ゚のレストランには安心して来られると投降した。この殺菌剤は食には影響しないと言っていたが、それは話し半分だとして、殺菌剤が体内に入って問題が起きる事と、ウイルスが体内に入る事と どちらかを選ぶならば、私は殺菌剤を選ぶ。

私は今年の3月に写真中の空気洗浄機を購入し、この4カ月24時間使っている。本当はもう一つ加湿器を買って、水の中に殺菌剤を入れたかったのだが、加湿器を買えなかったので遣っていなかった。だからこ゚のレストランで遣っていて感激した。

人類はこのウイルスと共存しなくてはならない。40年前、日本人は痔で困っていて、痔薬は常備薬で有ったが、今はウオシュレットで「何?痔って?」となるまで日本には整備された。これに依って木材から出来るトイレットペーパーの消費も減った。

ウイルスとの共存とは、フィリピンではまだまだ多くいるゴキブリやハエのようなもので、日本では一部の地域は別として、ゴキブリ、ハエはほとんど見ない。

例えば、紫外線は病害を引き起こす細菌類の、その細胞核の中に遺伝情報をつかさどるDNA(デオキシリボ核酸)がこのDNAを次々とコピーされ細胞分裂を繰り返して増殖をする。生物のDNAがいちばん光りを吸収する波長と帯域というものがあり、その帯域は260nm波長付近に持っているのですが、その波長の帯域を「DNAの光吸収スペクトル」と言うが、 紫外線(UV)の病害を引き起こす細菌類への殺菌効果の波長特性も260nm波長付近にピークを持つ波形を示しており「DNAの光吸収スペクトル」と非常に近似しており、細菌類に260nm波長付近の紫外線(UV)を照射すると、細胞核内DNAに直接作用し化学変化をおこし、この科学変化でDNAは、コピー機能を失い増殖する事ができなくなり死滅する。とか様々な考え方が、日常生活に当たり前の様に、ウオシュレットのように使われれば、10万人に一人程度の感染者になり、マスクやその他を気にする事が無い社会を作れれば、経済の落ち込みも抑えられると考えるのが当たり前だと思う。またそうしなくてはいけない。

そうした考え方の中で、噴霧するという方法もあり得る訳で、如何に安全かと言う事を高めて行く事が必要なだけで、それを駄目だと言ってしまったら、今の苦しみを何年続けるつもりなのか、私にしてみれば、そうした考えのない人は無責任としか言えない。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000