日本と言えば「鉄道」。その「鉄道」が崩壊する日。

私はGOTOキャンペインは良い方法だとは思わない。しかしJRのメイン線を復活させないと、JR地方線は死ぬ。前にも言ったが、JRの地方線は殆どが赤字、そのに赤字を埋めているのがJRのメイン線で、その乗車率が25%台では、メイン線も赤字で、地方線の赤字補てんが出来るどころか、JR自身が崩壊する。新幹線もリニヤも頓挫する。日本と言えば鉄道、その鉄道が崩壊する。GOTOキャンペインはその鉄道や航空機産業、そして地方の観光産業をこの馬鹿らしいキャンペインで全部WINWINを狙ったものだが、そこが馬鹿だ。鉄道無くして地方の復活はあり得ない。しかし、今の鉄道の仕組みでは3密は防げない。これは構造上の問題である。飛行機もそうだが運賃を安くするためには3密でなければ、儲からない。レストランでもなんでも言えるのだが、この根本問題を解決する有効打を作らねば問題は解決できない。

前にも言ったUVを使った殺菌作用の利用とか、その他の有効打を考え開発する事こそNEW NORMAL(新たな正常な社会)を作る物である。今のGOTOキャンペインでは基本の売上の最大の半分でしかならない。これでは既存のものを全て否定する事に成る。この既存のものを安心して100%使える事を目標とした政府の取り組みこそ必要である。GOTOキャンペインが成功しても3密問題で、50%を確保しても、鉄道経済は崩壊する。

写真は私が4年前に作った英語版WEBのジャパン・トラベル・スイート(今は載せていないが)からの抜粋だが、このWEBはその電車その他をクリックすると、途中駅やその他が出てくる仕組みに成っている。当時、山手線を皆は円を書いていたが、それでは時間的要素が解りずらいと、正確な山手線を描いたので注目された。

私の今のアイデアは、外国人にだけ発行しているJR7日間パス、1週間2万8千円でJR乗り放題パスを来年度末まで、日本人でも購入できるようにしたらどうかと思う。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000