だから6月のロックダウン解除はダメだと言っていたのに。日本人の甘い予想と期待感。

今まで私はこの武漢肺炎の記事を何度か出していたが、一回も浮かれた記事は出していなかった。私はフィリピン社会を知っている。アメリカやブラジルと一緒。日本のキャンプ感覚で皆が集まる。ご存知の様にフィリピン貧困層の家には家の敷居は無い。あっちの子、こっちの子が家をまたいで動き回り、親も同じようにおしゃべりの為に動き回る。だから幾らロックダウンしていても、近所の関係は変わらない。だれか一人が感染すれば、バランガイをロックダウン、しかしこの近所での行き来は変わらない。日本とは違う。私の幼少の頃は、裸電球の暗い街路灯、舗装されてない道路、街路灯の下には木製のゴミ箱、。。。東京もそうであったが、今は無い。しかしフィリピンは今でもそうであるし、そのレベルが違う。

だから7月末での投稿では、8月に10万人、(既に成った)9月には20万人、下手すればブラジルになる。フィリピン感染者順位はこの7月の段階では世界34位、今は世界23位と成っている。もはやフィリピンに於ける飲食、接待、ホテル、観光の明日は既に無い。

フィリピン・プライマー誌、素晴らしい雑誌だ。創刊者は私の友人で良く話したが、その後彼が売った今のオーナーとは会ったこともない。合う必要も無いのだろうが、しかし現在出されている最新のプライマーにはガッカリした。フィリピンに於ける飲食、接待、ホテル、観光でこの雑誌は生きているのだが、そこの「NEW NORMAL」に成ると表紙でうたうとは。中は見ていないが、多分そこには 飲食、接待、ホテル、観光が戻ると言う期待感から書いてあるのだろうが、この感染データから何故「NEW NORMAL」と書けるのかわからない。記事を書く、即ちその業態の今までの問題点、今の問題点、今後の問題点を考えて業界をリードすべき雑誌では無いのか?結局記事を書いている人が、記事を書いてお金をくれる人だけを考えて、その人は今はお金を払えるが、明日はどうなのか?全く考えていない。 何が業界の問題点なのか考えずに行って来たようだ。私がこの表題を作るとしたら、「Think about how we can survive」どうやって生き延びられるか考えよう」だね。如何にクライアントと共感できることが、生き延びた先に、この雑誌への共感度が増える。まあ他人事だから良いが。。

すみません。勝手に変な事言って。。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000