隔離5か月・マニラ男の手料理・1万円で贅沢だと思う自分が可笑しい。

今回はBGC/マカチィにある和牛屋という和牛専門店で、1万円分の和牛を買った。ローカルの平均月給与が20年変わらずの2万円のフィリピンで1万円をたった1食の為に使うのは心が引けるが、しかし中共ウイルス前は、物価の高いBGCやマカチィで自炊してるとはいえ、週に何回かは外食し、一回外食に出れば1万円は簡単に使っていた。ドクターXを見ていてステーキ屋のシーンとBGCのスーパーのレジで前の客がシングルモルト1本1万5千円を6本まとめ買いしていたのに誘発され、まあ1万円かと思い買った。しかし何か贅沢をした感がぬぐえない。そこで気づいた事は、自分の変化である。昔日本で1日10万円位は使っていた自分がフィリピンに来てその贅沢が1万円で楽しめると実感し、これは10年間ここ居たら幾ら得するかと思い住みだしたが、35年でマニラは現在の東京より高い、逆転現象が起きている。アジア全体がそうなっているが、ではなぜ自分は1万円が贅沢だと思ったかだが、はっきり解った。今まではこれを今1万円使っても、明日はまた1万円が入って来る。またそれ以上に入って来ると思い簡単に1万円が使えた。しかし今は、私はラッキーと思うが、従業員30名その他の経費が膨大に掛かるが、中共ウイルス後もその収入は有るが、全体としては6割減なので、私の個人的なお金は会社からは取れない。即ち3月から無収入であるし、多分12月までで大丈夫とも言えない。明日の金の見通しが無い事が自分に思わせた事、そしてそれが社会に及ぼす事が如何に大きいか実感した。この事は明日もっと詳しく分析するが、それで1万円が贅沢だと感じた自分が可笑しい。

今日は料理の話なので、この話は又明日。しかしこのステーキ旨かった。それと

インド料理といったらナン!と思いがちだが、実はナンは家庭ではなくレストランで食べるもの。家庭での主食はこちらの「ロティ (roti)」 か、この「パラタ (paratha)」 が一般的で「ロティ (roti)」はピサと同じく一重構造、「パラタ (paratha)」は二重構造で中に具が入るが、今回はオニオン・「パラタ (paratha)」それとカレーとピリ辛鶏肉をアレンジしてみた。その他はパンプキン・スープやセロリのスープ、定番のエビのペペロンチーニにサーヂィーン、ソバとかぼちゃ・大根・鶏の煮込み、カルボナーラ風のショートパスタ・ペンネ(Penne)でエビとシイタケを絡めたものにガーリックソーセージ、大根おろし大盛の塩鮭。手抜き料理だ。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000