ビジネスのスタート

私はサラリーマン経験が20歳から今66歳まで無い。そのうち32年をフィリピンで生計を立て暮らしている。19歳で家庭教師のアルバイトで稼いだ5万円を投資して始めた商売。当時5円のハガキにガリ版印刷で2000枚 1万円をダイレクトメール代とし、赤坂のニュージャパンの小さな宴会場を時間で借りて当時2万円、お茶とケーキ代で1万円で1万円を予備費として、ダイレクトメールにはこのはがきをお持ちになった方にはニュージャパンでお茶とケーキをお出ししますと書き、商品も陳列しているのでご覧くださいと書いて出した。商品は当時親父の遣っていたアクセサリー、真珠を借りて、後は友達の処から服飾その他を借りて、売れたら10%私にくれとの約束で始めた。今なら誰も来ないが当時はダイレクトメールというものがない時代。その上ホテル催事もない時代。なんと2000枚で500名も来てくれた。1日で一千万円の売り上げ。

まあこれが商売に手を染めた第一歩だった。その後2年間は品を変え、場所を変え、遣ったが、美味しそうな仕事には多くの競合が現れ、ダイレクトメールで来てくれる人も少くなってきたので、即辞めて、今度は安く豪華な香港旅行に変えて、エアポートには8名乗りの豪華リムジンベンツ2台を用意し、ペニンシュラに泊まり、最高の中華料理を楽しみながらのお買い物ツアーに移行していった。こうした商売はP/L 損益計算書だけでできる商売。商品も店舗も持たない、御用聞き原点商売のだが、人間ここでやめときゃ良いが、欲が出てもっと儲かると思い在庫を持ち、店舗を持ち、売掛、買掛も出来、借金も増える。その上社員も増えて、もっと大きな見えない借金、社員の退職金や社会保証費用が圧し掛かってくる。そうしてP/L損益計算書だけでは無く、B/S 貸借対照表が必要となっていく。私もシャープや東芝では無いが大きな波乱も味わい、私は会社譲渡という手法で波乱を乗り越えてきた。

今 私の歳でこの波乱を起こす要因である。B/S貸借対照表の対象になるものは出来るだけ避けたい。ゆえに誰でも儲かる商売でも、自分がやること無く。他人に自分は助けるだけで、その人に遣ってもらう。

これを深く考えると、譲渡という意味の先行移管で、その人が私の言うなりで儲かれば、何れは、その人が私を助けてくれる というバランスシート上の計算である。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000