マニラのタクシーは大変だ。

マニラのタクシーは大変だ。

たった3km行くのに1時間。距離メーターなので売り上げは150ペソ程度。しかしタクシーの採算分岐は1時間あたり300ペソ。この300ペソで10時間で3000ペソ 約6500円。その中から自動車提供者はバウンドリーという貸出料金を運転手から徴収する。車によって違うが約1400ペソ。運転手はガソリン代を約600ペソ払い、残りが自分の稼ぎ1000ペソとなるが、1日おきのシフトなので、半分の500ペソ が1日の収入となるが、それが1時間あたり200ペソでは、10時間以上の過労運転を強いられる。

最近ウーバやグラブを頼むと、表示価格が異常に高い。この健全運営の法則を使っているので5kmでも1時間半掛かるなら400ペソと表示されるが、これではウーバやグラブは庶民の足とは言えない。

ウーバ グラブを常時使っている人の月の使用料は20000ペソを越え、従業員2人の給与を交通費に使う事になる。自家用車所有で自分運転の場合、月額が約25000ペソだが、今度は駐車場が無い。駐車場に入るのに30分は掛かる。その為 早朝通勤が増え、今まで考えられない早朝からの交通渋滞。

しかし運転手付きの車の維持費は月額45000ペソとなり、10万円を越えるので難しい。

マニラで手広くタクシー業をされる日本人の社長と良く話すが、タクシーはお客の要望で何処へでも行く。故に戻って来るのに経費が掛かる。

では 出発場所へ又戻る事を前提に時間制にしたらどうかとか。1分5ペソの分単位のレンタカーはどうか。又は明日は解らないが、比較的混雑が少ないBGC域内のタクシーはどうかとかと話しているが、混雑による無駄を補えず、利用者には高額なものに成って行くが、基本のタクシーが交通渋滞での採算割れか、運転手の過労問題を解決する得策には成らない。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000