フィリピンに来た理由は

フィリピンに来た理由は日本の医療介護の問題。しかし海外だけではダメで、本来の目標は沖縄の米軍跡地を特区にして、フィリピンその他の人を受け入れ、物価を日本の半分に抑え、日本人のみならず海外からの人も含め介護医療の世界センターを作りたい。そうすれば沖縄は非武装地帯に成るが、自分の国の高齢者がいるので攻められない。世界で一番の安全地帯を沖縄に作るという理想の基に、実験として作った。フィリピン史上最初の医療介護付き施設ローズプリンセスホーム。何故この名前かだが、仕事で函館のある家を訪れた際に、ふと窓の外を見ると素晴らしいバラ園が隣の家だった。これバラを売ってるの と聞くと、いや独身の退職者の女性4名が共同で家を買い共同生活で趣味のバラを育て、誰かが他界したら残りで、そして最後は市に寄贈すると言う。若かった私は戸惑ったが、人生観を教わった瞬間でもあった。それがこの名前。しかし 医師会看護協会の反対で それに回った商社や政治家にこの構想は潰れ、その後 フィリピン自身の物価が日本の倍に成った事もあり、今回の学生寮への転換でローズプリンセスアカデミーと名を変え、私の役割も無くなり、私の事務所も施設から撤去する。施設オーナーとしての管理責任や思想統制が無くなったと思っている。ただのオーナーとして施設に楽しく行くだけだ。(笑) これを記にもっと大きな事への挑戦が始まる。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000