私の考える移動できる住まい。その内装とは。

これは私の考える未来の住まい。買っても500万円以下、即高値で転売可能(流動性)。テレワークや全ての考えられる殆どの設備が内蔵され、転職があっても住まい毎、移動が出来る。固定資産という概念では無く、住まいは不動産の上に建つという概念も無い。自家発電も可能だが、当面は電力、給水、下水に繋げるが、これも時代と共に自己完結型に成長させる。

室内は2名が快適に暮らせる空間で、空調、照明、ムーンルーフは勿論の事、ソファーシートその他壁内装材は、現状車の内装に使われるものを基本とすると考えている。最近の自動車の扉は自動開閉だが、玄関ドアも同じく自動開閉で、段差を埋めるステップも自動的に開閉時に降りて来る。開閉はAIによる顔認証、空調、照明、窓の自動開閉も音声もしくは1つテレビのリモートコントローラーの様なもので管理される。これは浴槽の水はりから温度調整も自動で行い、勿論外出先から空調、風呂、その他も帰る前から指示が出来る。その上、前述した自動宅配で暖かい出来たものを頼んでおけば、AIが「あなたお風呂が先?ご飯が先?」となる。今の課題は自動清掃を何処まで出来るかが模索中であるが、ダイソンのある機能を付けたらばどうかとも考えている。テレビ映像、通信、センサーは後程説明する。

以前の投稿

冷凍、冷蔵、保温、一般の自動宅配ボックスの完備 https://www.munetomo.club/posts/8163666

室内ゴミ箱と分別ごみ自動回収システム 

https://www.munetomo.club/posts/8231737

自動水平を保つ仕組み

https://www.munetomo.club/posts/8243075

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000