今のラーメン・ブームを作った「タンポポ」。私と同じで湯河原を愛した伊丹十三。

1986年のこの映画。まだ皆若い。私がフィリピンに来た年。前にも話したが、私は大学生時代にビジネスを始め、毎月100万円近く稼いでいたが、これは私の当時の憧れに対する裏腹の行為だったのかも知れない。実は私も俳優に成りたく、そして将来は脚本家に成りたかった。まあしかし売れない俳優では金にならない。大学4年で4回新宿厚生年金の舞台にもたった。片やビジネス、しかし夜の顔は俳優気取り、俳優志願のアルバイトは舞台裏の雑用。新宿コマで谷ナオミのSMストリップの照明係やその他。当時はこのストリップの合間に出てきていたのは、漫才ブームを起こした「コント55号」だった。劇団 「文学座」その他の人との交わり、今考えてもウキウキする。まあこうした経験が後のビジネス・アイデアにも成ったのかも知れない。例えばお客様を喜ばして、物を買ってもらうのが商売だが、どう指向性を変えるかだが、洋服を売るのに、洋服を一切陳列しない店を作った。これは後に大ヒットと成った。ファッション・モデル事務所からモデルを呼んで、例えお客様が一人でもファッションショーを行い、モデルのアドバイスもあり、気に入った商品を買ってもらう。店員は要らない。モデルが対応、しかし素敵な音楽、素敵な照明で行われるファッションショーにお茶やケーキを振る舞う。このコンセプトが流行り、各地のデパートや商店で行い売上を伸ばした。

話は戻るが、1986年の2年前、こうしたビジネスは、少子高齢化でダメになる。女性は50歳を超えると、急に購買欲がなくなる。と思いたち、それまでやっていたビジネス全てを辞めていた。辞めた時、他の同業者の連中は「お前は馬鹿だ、これからだ」と言っていた連中は、その後殆どが倒産した。当時私は湯河原に老人ホームの建築に入っていた。伊丹十三さんは湯河原に当時住んでいた。お目にかかった事は無いが、よく彼の家の前は通っていた。日本のバブル崩壊の前兆が1985年に起こっていた。金利の下落。これによって私の建築は途中でストップし、一部を残して売却した。伊丹十三さんは当時この「タンポポ」を作っていたのなこと思うと面白い。1986年この老人ホーム建築をするためにマニラ仁渡った。もの作りは何でも情熱だ。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000